赤ちゃん(乳児)

生後5ヶ月。後追いと人見知りが始まってママは大変!

いつもニコニコしている5か月のむすこ。

「泣くことなんてあるの?」とパパにまで言われるほど、いつでも笑っていて泣くことはほとんどありませんでした。

最近は違います。

私がそばにいないことがわかると泣くようになりました。寝起きなんかは確実に泣きます。

ふんわりいなくなっても駄目です。床に降ろして「ちょっとママごはん作ってくるね♪」と伝えると、じぃーっと私を目で追って、見えなくなったとたんに号泣。

何もできません。

でもこれも成長の証なんです。

後追いはママを認識してくれている証拠

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s

赤ちゃんは生後3~4か月くらいで、ほかの人とママを区別して認識し始めると言われています。

いつもそばにいて、自分のことを守ってくれる特別な人だと思ってくれるわけです。うれしいですね。いとしいですね。かわいいですね。

赤ちゃんとママの間に信頼関係、愛着関係が生まれた証拠でもあります。

ママが赤ちゃんと触れ合う中で、きちんと目を見てやさしく笑いかけたり、話しかけたりすること、求められたら抱っこをしてあげることで愛着関係は形成されます。

毎日毎日、泣いては抱っこしておっぱいを繰り返してきた日々、つらかったですね。その苦労が実ってきたという証なんです。

一緒にいると安心するママがいきなり視界から消えるというのは赤ちゃんにとってはめちゃくちゃ不安なことです。赤ちゃんには目の前にあるものがすべてです。

ママがいなくなった理由もわからなければ、ママが戻ってくるということも知りません。だから泣きながら追うんです。

でも、赤ちゃんもだんだんとママは戻ってきてくれるということを理解するようになります。

赤ちゃんから離れる時に「ママちょっと行ってくるね」と声をかけ続けると、「ちょっと」が理解できるようになります。「ちょっと」と言ったからには短時間で用事を済ませて戻ってきてあげてくださいね。

後追いのピークはまだまだ先

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

後追いは6か月から始まり、ピークは8か月~10か月、治まるのは1歳くらいです。

なかには2歳を過ぎてもずっとママにしがみついている子もいます。この頃になると行動範囲が広がり、好き嫌いがはっきりしてくるので、0歳代の後追いや人見知りよりも激しいものになりやすいです。

赤ちゃんによって後追いの時期やピーク、程度は違うのでなんとも言えませんが、ハイハイやつかまり立ちが始まって、いろいろな場所へ追いかけてきやすくなるのでママは大変です。

2歳のむすめはトイレまで追いかけてきて、ドアの前で泣くのでドアが開けられなくなって大変困りました。後追いが激しすぎて6か月で階段を昇りました。ママへの愛で急成長してしまいました。

ただ、後追いにもいろいろ種類があって、赤ちゃんによって様子は異なります。だいたいが泣きながら追いかけてくるパターンなのですが、その場で動かずに泣く子もいれば、ママの様子を気にしながらも一人で遊んでいられる子もいます。

赤ちゃんには生まれ持った気質があって、それによるみたいですね。さみしがり屋だったり、不安を感じやすい敏感な子は後追いが激しくなりやすいようです。

人それぞれなので、後追いが激しすぎる、後追いを全然しない、ということで気にする必要はありませんよ。

人見知りも始まる

f935b6f7b9c99347f054babd9a735b24_s

ママとほかの人を区別するということは、人見知りも始まってきます。

後追いと人見知りのどっちが先に始まるかは赤ちゃんによって違います。同時に始まることもあるし、時期がずれることもあります。

人見知りの仕方も、機嫌が悪くなる、顔がこわばる、泣きだすというわかりやすいタイプの子もいますが、「知らない人の顔をじぃっと観察する」という子もいます。

2歳になるむすめは観察パターンでした。人見知りらしい人見知りをしないなぁと思っていたのですが、あきらかにママとほかの人では違う態度を取っていたのです。

わかりやすいタイプでなかったのは、低月齢の頃から外へ連れ出す機会が多かったことと、いまもそうなのですが社交的な気質の赤ちゃんだったのだと思います。

むすこはどんなタイプなのか、人見知りをするのかまだまだわかりませんが、後追いが始まったということは人見知りもそろそろですね。

赤ちゃんと思う存分ひっついていよう

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s

後追いが始まると本当に何もできません。

むすめを抱っこしてトイレに行った日々を思い出しました。うちはキッチンにゲートもないので、台所でおたま持たせて遊ばせていたなぁ……なんてことも。

ママにとってはかわいい反面、ストレスもたまる後追いですが、いつかは終わってしまうもの。1年もすればママの手を放して一人で走っていってしまうのです。

この時期だけは思いっきり後追いさせてあげてもいいかも。

とはいえ、ずーっと赤ちゃんと一緒にいると、ママも疲れてしまうし、赤ちゃんもママべったりになってしまいます。

後追いや人見知りの時期になると、後追いや人見知りが激しすぎて人に会わせられないから家に二人で引きこもっているというママをよく見かけます。

たしかに人前でギャンギャン泣かれてしまうとママはあせってしまいますよね。会わせた相手にも申し訳ないと思ってしまうことも。

でも、赤ちゃんがほかの人に慣れることやママの気分転換も大切です。子育て支援センターや児童館だと同じような月齢の子も多いし、職員も慣れていてあまり気にしなくても大丈夫なので、行ってみるといいですよ。

うまく息抜きしながら後追いや人見知りを赤ちゃんと一緒に乗り越えていきたいですね。

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。