イベント・行事・遊び

子どもにも安全なボディペイントはあるのかな。タトゥーシールなら大丈夫?

ハロウィンの仮装やスポーツ観戦などのイベントでタトゥーシールを使ってみたいと思ったこと、ありませんか?

昨年のハロウィンイベントでは、娘の友だちが顔にタトゥーシールを貼って参加していました。

2歳児のぷにぷにほっぺにタトゥーシールってめっちゃかわいかったです。

[st-kaiwa1 r]2~3歳くらいになれば肌も少しずつ強くなってきているし、今年はうちもやってみたい![/st-kaiwa1]

タトゥーシールだけじゃなくてボディペイントって手もありますよね。

そうは言っても、やはり安全なものを使いたいし、本当に肌に貼って大丈夫なのか心配でもあります。

子どもに大丈夫なボディペイントやタトゥーシールってどんなものがあるのでしょうか。

子どもでも安心なボディペイント

ボディペイントは100円ショップでも売られていて、気軽に手に入れることができます。

ハロウィンやスポーツ観戦で肌に塗るだけでなく、絵の具遊びにも使えます。

汚れてもいい服に着替えて、絵の具で紙に手形を押したり、絵を描いたり。

保育園や子育て支援センターのイベントでもよくやっていて、子どもは夢中でペタペタしてますよ。

ボディペイントには油性と水性があります。

子ども用なので石けんで簡単に落とせて比較的肌にやさしい水性のものを選ぶようにしましょう。

[st-kaiwa1 r]汗や水で落ちやすいですが、ハロウィンならそこまで汗をかく季節でもないので大丈夫![/st-kaiwa1]

スポーツ観戦だと落ちてきてしまう可能性が高いので描き直しが必要です。持ち運びできるものを選ぶのがベター。

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]ラメが入っているものもかわいいですが、肌に残りやすいので子どもには止めておいた方がいいでしょう。[/st-cmemo]

 

描きやすさ重視ならペンシルタイプ

自分でイラストを描くような感じで描けるので楽なのがペンシルタイプ。

PLAY COLORのフェイスペイントはキャップ付きなので、持って行って現地で描いたり、描き直したりできますね。

EU(欧州連合)の安全基準を満たしている証拠のECマークもついているので安全性もクリアしていて安心して使える商品です。

ペリペリはがすのも楽しい『ミラクルペイント』

created by Rinker
プール
¥100
(2019/05/20 00:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

塗ってはがせるタイプのボディペイントです。

手についてしまったのりを乾いてからペリペリとはがして遊んだことってありませんか?

あんな感じで、乾いた絵の具を簡単にはがすことができます。

天然ゴムでできていて、皮膚科の先生と共同開発して作られた日本製

子どもでも安心な素材を使っているうえ、ダイソーにも売られていて気軽に購入することができます。

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]天然ゴムのラテックスはアレルギー反応を起こす人がいます。

はがすのが多少、肌に刺激になるので肌の弱い子は注意が必要です。[/st-cmemo]

最近はペイント用抜き型シールも売られているので、セットで買うとかわいくペイントできそうです!

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#F48FB1″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]こんな感じで使うよ![/st-minihukidashi]

初めての絵の具遊びにも使える『デリバン』『クロマクリル

オーストラリア政府の安全基準を満たしている商品です。

有害な物質が入ってなくて、化粧品の規定と子ども用おもちゃの基準をクリアしているので安心。

耐水性がありながら、水と石けんで簡単に落ちるのもうれしいポイントです。

created by Rinker
アシーナ
¥2,518
(2019/05/20 00:04:41時点 Amazon調べ-詳細)

クロマクリルも石けんですぐに落とせるボディペイント。

オーストラリアでは子ども用の絵の具として学校教材にもなっています。

容量が多いので、手形遊びなど初めての絵の具遊びにも使えそうですね。

ボディペイントにあると便利なもの

  • パレット
  • コットン
  • スポンジ
  • 綿棒

全部100均でそろえられますよ。

コットンやスポンジ、綿棒は普段ママがお化粧に使っているものを使えばOKです。

[st-cmemo fontawesome=”fa-lightbulb-o” iconcolor=”#FFA726″ bgcolor=”#FFF3E0″ color=”#000000″ iconsize=”100″]紹介した商品は上記の物がなくても大丈夫そうなお手軽なものを選んでみました。[/st-cmemo]

じっとしていられない子どもにお手軽なタトゥーシール

シールを貼るだけなのでボディペイントよりもお手軽。

小さい子はじっとしていてくれないので、シールの方が楽かもしれません。

たくさん種類があるので選ぶのも楽しいです。

はがす時にはベビーオイルを塗りこんで、シールが浮いてきたところをコットンで優しくぽんぽんとたたくようにして拭いてあげてください。

ごしごしこすってしまうと刺激で肌が傷ついてしまいます。

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]ベビーオイルも肌荒れをする子はいますので、使ったことのあるオイルを塗ってあげてくださいね。[/st-cmemo]

ハロウィン定番の柄を選ぶなら

ハロウィンらしい魔女と黒猫のタトゥーシールです。かぼちゃ柄やクモ、こうもり柄もありますよ。

『リトルレモネード』はガーランドやバルーンなど、パーティグッズのお店。

ハロウィンやクリスマス、誕生日の飾りつけもかわいいのがたくさんあって、見ているだけでワクワクするショップです。

子ども服専門店のタトゥーシール

子ども服の『キイロイキ』で販売されているTattyoo(タトゥーヨー)のタトゥーシールです。

対象年齢は3歳以上ですが、「FDA(アメリカ食品医薬品局)」と「EU Toy safety Directive」基準で素材の安全性が保障されていて子どもにも安心。

スイス製のデザインでかわいいものが多いので、ハロウィンやスポーツ観戦だと使いどころはむずかしいかもしれません。

ボディペイントやタトゥーシールを使うときの注意点

最初は目立たないところでアレルギーや肌荒れがないか確認しましょう!

せっかくのボディペイントやタトゥーシールですから、ほっぺやおでこにつけてあげると目立つし、かわいいですよね。

でも、顔は体よりも敏感。とくに目の周りはかぶれやすいから避けましょう。

最初は腕や足だけにしておくといいと思います。

ボディペイントなら保湿クリームを塗ってから描くようにすると少しは肌を保護できます

[st-kaiwa1 r]なるべくイベント参加直前につけてあげて、イベントが終わったらすぐ落とすようにして、短時間の使用にとどめておきましょうね。[/st-kaiwa1]

肌に何かがつくと、気になってひっ掻いてしまう子もいます。

ペイントがはがれてしまうし、かきむしって傷になってしまうかも。

出かける前に子どもの様子を確認しておくといいですよ。

ワンポイントでほかと差をつけよう!

大人だとゾンビ風メイクやホラー系メイクでかなりガチに攻める人も多いボディペイント。

子どもの場合はワンポイントをつけくわえる感じで使ってあげるとかわいさが引き立ちます。

[st-kaiwa1 r]仮装するだけでめっちゃかわいいからワンポイントで十分!![/st-kaiwa1]

かわいいボディペイントやタトゥーシールでイベントが盛り上がるといいですね。

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。