みのりんく mino-link

5歳♀3歳♂の元塾講師ママが育児情報をお届けするブログ

妊娠・出産

妊娠・授乳中で薬が飲めない。風邪のときには「はちみつ大根」を作ってみよう!

更新日:




突然ですが、風邪をひきました。

なんかのどに違和感があるとは思っていたのですが、「乾燥してるのかな」「花粉かな」とか思ってる間にズキズキし始めて、夜寝る前にはちょっとだるい感じ。妊娠・授乳中って免疫力が落ちてるから風邪ひきやすいんですよね……。

でも、授乳中だから薬はちょっと不安だし、二人の子を連れて病院行くなんて無理だし。

風邪をひいたらあれでしょ、あれ!! はちみつ大根です!!

はちみつ大根って何?

その名の通り、はちみつに大根を漬け込んだものです。

江戸時代から薬の代わりに使われてきたもので、のどの痛みにかなり効果があります。しかも即効性が高い! 私はのどが痛いなって思ったらすぐにはちみつと大根を買ってきて飲むようにしているのですが、次の日にはもう痛くないです。

大根には殺菌効果、消炎効果があり、はちみつにも殺菌効果があるため、この二つを合わせて飲むのが効果的なんだとか。のどを大切にする歌手の方がよく飲まれるようです。美容効果もあるそうなので、女性にはうれしいですね。

スポンサーリンク

はちみつ大根の作り方

はちみつ大根は長期保存ができないので、2~3日で飲みきれる量を作っていきます。そもそも2~3日もあれば治っちゃうくらい効果抜群なのでそのくらいで大丈夫です!

用意するもの

     IMG_8993

  • はちみつ 大さじ2
  • 大根 3cm
  • 保存用容器

作り方

  1. 大根の皮をむいて1cm角に切るか5mm幅のいちょう切りにする。
    IMG_8994
  2. 保存容器に大根を入れて、はちみつを回しかける
    IMG_8995
  3. 大根にはちみつがまんべんなくかかるように、ちょっと混ぜる
    IMG_8996
  4. 冷蔵庫で2~3時間置く

最初は「はちみつ足りるのかな?」と感じますが、大根から水分が出てくるので、最終的にはこうなります。
IMG_8997 IMG_8998

大根は苦みや臭みが出てくるので、嫌な人は取り出しましょう。もちろん取りだした大根も食べられます。というか、この大根ものどの炎症に効果があるので、ぜひ食べましょう。

はちみつ大根の飲み方

できたシロップをスプーン1杯朝昼晩の3回飲みます。

そのまま飲むのが一番効果があるようで、私はいつもそのまま飲んでいます。スプーン1杯ですが、ぱくっと飲んでしまうのではなく、なめるようにして少しずつゆっくりと飲みます。スプーンは乾いた清潔なものを使いましょう。

大根の苦みがあるのかなと思いますが、はちみつの甘さの方が勝ってます。私がはちみつ得意ではないってのがあるかもしれないですが、甘いです。ちょっとツーンっと大根の味もします。

味が気になる人はお湯で割ったり、紅茶に入れたり、ヨーグルトに入れたりしてみるといいかもしれません。風邪に効くと言われるしょうがやレモン、梅を入れるともっと効果があるようです。私は面倒なのでほかのものと混ぜたことはありません……。

注意事項

とっても便利なはちみつ大根、妊娠中や授乳中の人にも使えるのなら、子どもにも使えます。

ただし、はちみつは1歳未満の子どもに与えてはいけません。

1歳未満の子どもは腸の働きがまだ未熟なうえに短いので、はちみつに含まれているボツリヌス菌が消化されずに吸収されてしまいます。免疫力も低いので、腸内で菌が増殖してしまい「乳児ボツリヌス症」になる可能性があります。

「乳児ボツリヌス症」は神経系に影響を与え、重症化すると筋力低下やまひになり、命にかかわる病気なので気をつけましょう!

スポンサーリンク

のどの痛みに効果的なその他の方法

  • 入浴する
  • 水分を取る
  • ひたすらうがい

とにかくのどを潤しましょう。

熱が出ていなければ体を温め、のどを潤す入浴は本当におすすめです。入浴するだけでかなり調子がよくなります。体温があがると免疫力が高まるためです。個人的には「私いま免疫力高まってる!!!」と思いこむことも大切だと思います。気持ちだけは元気に!

うがいはできればイソジンなどのうがい薬を使いましょう。やはり殺菌効果がある分、治りが早いです。

ただ、妊婦さんはうがい薬に入っている「ヨード」に注意。妊婦がヨードを使いすぎると、赤ちゃんが「先天性甲状腺機能低下症」になるおそれがあります。とはいえ、朝昼晩毎日毎日使っていると危険、というレベルだそうで、風邪をひいた時に使って、症状が治まってきたら早めにやめてしまえば大丈夫のようです。私も妊娠中に処方されたことがあります。

 まとめ

妊娠中はただでさえ体が重いし、眠くて、風邪をひくとつらいもの。授乳中は睡眠不足でなかなか治るものも治りません。自分が倒れるわけにはいかないというプレッシャーも相当あってつらいですよね。

大根もはちみつもスーパーに行けばすぐに買えますし、即効性もあるので子育てで大変な時にも助かります。子どもが1歳以上なら一緒に飲みたがってしまっても大根とはちみつが材料なら安心。

のどに違和感を感じたらぜひ、ためしてみてください。

薬を飲んで風邪を治したい記事はこちら

授乳中に薬を飲む時は断乳しなきゃだめ? 飲める薬を産婦人科で聞いてきた。
授乳期間中にママが風邪でダウン。 子どもにうつったら大変だから早く治したい。寝てれば治りそうだけど、寝てるわけにもいかない。 ...

免疫力を高めたい記事はこちら

みのりんく mino-link
5歳♀3歳♂の元塾講師ママが育児情報をお届けするブログ

  • この記事を書いた人

葉桜ふみ

5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。

-妊娠・出産

Copyright© みのりんく mino-link , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.