妊娠・出産

陣痛が始まったら病院までどうやって行けばいいの? 一人でいるときの移動手段。

一人でいるときに陣痛がきたら陣痛タクシー

陣痛が始まってから病院へ行くまでの移動手段は、周りときちんと相談していますか?

陣痛が始まったら誰がどうやって病院まで連れて行ってくれるか、しっかりシミュレーションをすることは大事です。

私は里帰り出産だったので、臨月に入ってからは常に母親と一緒にいるようにしました。

けれど、もし里帰り出産ではなかったら。里帰り出産でも、たまたま一人でいるときに陣痛がきてしまったら。

誰か来てくれるまで待っていられないかもしれません。

一人でいるときに陣痛が始まったら病院までどのようにして行ったらいいのでしょうか。

陣痛時の移動手段で一番いいのは陣痛タクシー

陣痛が始まった妊婦さんのために陣痛タクシーというサービスがあります。

陣痛時に依頼すると、優先的に来てくれるタクシーです。

妊婦さんを乗せるためのドライバーが特別な講習を受けている会社もあります。

24時間365日いつでも対応してくれることが多いですが、うちの近くの陣痛タクシーはお正月だけ休みでしたね。

陣痛タクシーを利用するには、事前登録が必要です。

事前に自宅の場所とかかりつけの産婦人科を伝えておくことで、いざ利用するときにはスムーズに病院まで連れて行ってもらえます。

「陣痛タクシー 〇〇(住んでいる地域)」で検索すると出てくると思いますので、調べて事前登録をしておきましょう。

陣痛タクシーの登録前に確認しておくこと

  • 対象エリア
  • 破水時の対応
  • 料金請求のタイミング
  • キャンセル方法

まずは対象エリアをしっかりチェック。

特別対応をするサービスなので、対象エリアはかなり限られているんです。私も自分が住んでいる場所は陣痛タクシーの配送エリア外でした。

でも陣痛タクシーではなく、普通のタクシー会社に電話してみたら「陣痛でも破水対策にタオルとビニール袋を用意してくれれば乗せます」と言ってくれる会社もありました。

一度、確認してみるといいでしょう。

破水してしまったときの対応を聞いておくのも重要なポイント。

いくら陣痛タクシーでも、破水してしまったら頼めなくなってしまう会社もあります。

自分でタオルやビニール袋を用意しなければならないときもあるし、全席防水シートにしてくれてあるタクシーもあります。

もし汚してしまったらクリーニング代を払うのかも聞いておくと安心。陣痛タクシーであれば請求されないことのほうが多いようです。

料金といえば、タクシー料金自体の支払いも要チェック。

病院についたらすぐに駆け込めるよう、落ち着いてから払えばよいとか後から来た付添人が払えばいいと言ってくれる会社を選ぶといいでしょう。

陣痛タクシーはいざというときのためにとりあえず登録しておいても大丈夫です。

登録したけれど、送ってくれる人がいて使わないこともあるでしょう。

私が確認したタクシー会社では、キャンセルの連絡は必要なく、出産予定日を一か月過ぎた頃に登録を取り消しすると言われました。

キャンセルの連絡が必要か、登録内容はいつまで残るのかは聞いておくといいですよ。

陣痛時のタクシー代は医療費控除の対象

陣痛時のタクシー代は医療費控除の対象です。

医療費控除はその年の医療費が10万円を超えると、税金の一部が返ってくるというもの。

妊娠出産の年は医療費が10万円を超える可能性が高いです。

領収書やレシートは取っておくことと確定申告を忘れずに。

参考国税庁「No.1124 医療費控除の対象となる出産費用の具体例」

陣痛タクシーがなかった場合は救急車もあり

もし陣痛タクシーがなく、地元のタクシー会社も乗せてくれなかったらどうすればいいのでしょうか。

緊急を要する場合は救急車を呼んでも大丈夫です。

救急車を呼ぶ前に産婦人科に電話を

救急車は原則、緊急の場合に利用する車両です。

普通の出産でもタクシー代わりに呼んでしまうママがいたために、「妊婦が救急車を呼ぶなんて非常識だ」という話になったことがあります。

とくに初産であればすぐにお産が進んでしまうことはないので、送ってくれる人が来てくれるまで待つこともできるんですよね。

ただ、出産は何が起きるかわかりません。

妊婦自身が大丈夫だと思っていても、中で大量出血していたり、胎児に何か異変が起きていたりすることも。その場合、母子ともに命の危険があります。

総務省消防庁が出している『救急受診ガイド2014年版』に救急車を呼ぶ判断基準が載っています。

腹痛の項目を見てみると、妊娠中で歩けないような状態になっていれば救急車を呼ぶことになっています。

関連総務省消防庁『救急受診ガイド2014年版

とはいえ、やはり自己判断は難しいので、まず産婦人科に連絡して状況をしっかりと説明しましょう。

  • 陣痛の開始時間と間隔
  • 破水や出血はしているか
  • 誰か来てくれるまでの時間

を伝えて「救急車を呼んでもいいですか?」と聞けば、病院側で判断して決めてくれるはずです。

自分で運転していくのは絶対にダメ

たまに自分で運転していけると思っている妊婦さんがいますが、ダメです!!

「自分で運転できたよ」と言う人もいますが、なにごともなかったのは運がよかっただけです。

陣痛中は急に痛みが強くなることもありますし、ひどい場合には妊婦が意識を失うことだってあるんです。

自分の命、胎児の命、周りのドライバーの命、いろんな人の命にかかわるので絶対にやめましょう。

ちなみに、電車やバスなどの公共交通機関も避けた方がいいです。

自力で病院の駅で降りることができないかもしれませんし、破水で車内を汚してしまう、駅と駅の間で生まれてしまうといったトラブルも考えられます。

一人でいるときの陣痛を想定して準備をしておこう

出産は何が起こるかわからず、不安なもの。

私は上の子も下の子も陣痛が来てすぐに子宮口は全開でした。上の子は2時に陣痛が来て6時に出産、下の子は10時半に陣痛が来て0時半には出産です。

下の子なんて「車で生まれなくてよかったねぇ」と言われたほど。

出産後は緊急搬送されたり、胎盤が出てこなくて先生に腕を突っ込まれたりとトラブルもありました。

一人でいて「どうしようどうしよう」ともたもたしているうちに大変なことになっていた可能性もあります。

シミュレーションをしていたつもりでも、実際には思うように動けません。でも、事前になんとかできる範囲で準備はしておくと安心です。

夫や母親に送ってもらうイメージはしている方は多いと思いますが、一人でいる場合も想定してみてくださいね。

母子ともに元気に出産できますように!

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。