イベント・行事・遊び

服についた大量のひっつき虫(くっつき虫)を簡単に取る方法まとめ。

くっつき虫

秋になると子供が服にくっつけてくる「ひっつき虫(くっつき虫)」。

なかなか取れないし、そのまま洗濯すると別の洋服にもついて二次被害にあうし、大変ですよね。

子供を追いかけてた私の服にも気がつけば大量についていました……。

簡単に取る方法を調べてまとめてみましたので、参考にしてください♪

スポンジでこする

私がいつもやっている方法。ティッシュと一緒に洗濯してしまったときにも使えます。

スポンジの粗いほうでこするだけ。

スポンジでくっつき虫を取る

そのままポロポロと落ちるものもあるので、服を着たまま外でやるのがおすすめです。

スポンジ側にも少しくっつきますが、服よりも取りやすいです。

服が傷む可能性があるので、ジーパンなどガシガシこすっても耐えてくれる生地でやってみてください。

ペットボトルで取る

ペットボトルの側面を長方形に切り取って、その面で服をこすります。

ペットボトルでひっつき虫を取る

取れたくっつき虫がペットボトルの中に入っていってくれるので面白いです。

取れたひっつき虫

ただ、切り取ったところがギザギザしていると手を切るかもしれないので、気をつけてください。

マステなどでギザギザを隠してあげると安心です。マステをつけてもちゃんと取れましたよ。服も、そのままでこするよりは傷みにくいと思います。

マステで怪我防止

 

ウェットティッシュで拭き取る

You Tubeで見つけて「なんだってー!?」とびっくりした方法。

ウェットティッシュで拭き取るだけで、くっつき虫がどんどんウェットティッシュにくっついているんです。

ウェットティッシュならそのまま捨てればいいし、持ち歩いているママも多いと思うので、外でついてしまって車で帰るときなんかにもいいですよね。

天日干しして乾燥させる

粘液を出してくっついているタイプのくっつき虫は、天日干しして乾燥させるとポロポロと剥がれてきます。

一日くらい日向に干したあとに、パンパンっと払ってあげればOK。日に当てても大丈夫な洋服かどうか(陰干しマークがないかどうか)確認してくださいね。

粘液を出しているくっつき虫がどれかは『松江の花図鑑』さんが参考になります。

参考「ひっつき虫」松江の花図鑑

軍手でこする

軍手でさっさっと拭き取るようにすると、軍手の方にくっつき虫がくっつきます。

軍手についたくっつき虫を取るのがまた大変なので、もう使わない予定の軍手を使うといいですよ。

ウロコ取りで取る

ダイソーなどの100円ショップでも買えるウロコ取りで取る方法です。

なかなかウロコ取りが家にあるって人も少ないと思いますし、わざわざ買うのも……って気もします。生地も多少傷むでしょうしね。

あくまで「持っていれば使ってみよう」という感じですね。

まとめ:秋のおでかけは服の素材に気をつけよう

いろいろなやり方がありますが、どのやり方も「こする」ので多少なりとも服にダメージがあります。

しかも、ニットなどは、こすりにくいし、こすると余計に中に入り込んでいくので、チマチマ取っていくしかありません。

どんなに気をつけていてもくっつき虫は子供なら付けてくるものと思って、秋のおでかけは服装に気をつけましょう!

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。