赤ちゃん(乳児)

赤ちゃんが一人遊びを始めたら声かけは必要? 放置は絶対にしちゃだめ!

一人遊び

赤ちゃんも9ヶ月を過ぎるくらいから、だんだんと一人遊びができるようになりますね。

一人遊びの間はチャンス!! ママの自由時間!!

今のうちに家事を済ませてしまおうとか、ちょっとメールや読書を楽しんでしまおうとか、いろいろしちゃいます。

でも、いざママが自分の用事を始めるとムキーって怒り出したりして、ママの方も「一人で遊んでてよ、ムキー!!」ってなりがち。

子どもが一人で遊び始めたら、ママはどうしたらいいのでしょうか。

子どもが一人遊び中にママをちらりと見る理由

子どもが一人遊びをしているとき、ちらりとママを振り返る瞬間があります。

そのときに「ママがきちんと見ていてくれない!!」と気がつくと、泣き出したり、怒り出したり、ママのやっていることを邪魔してきたりと、やっかいなことになりがち。

子どもがちらりとママを見るのは、大きく分けて2つ理由があります。

  • 「これでいいのかな?」と不安に感じてる
  • 「見て見て!」とできたことを報告したい

どちらにせよ、「ママの反応を知りたい」という行動です。

一人で遊んでいるように見えても、子どもはママにずっと見ていてほしいんですよね。

ママの方から積極的に声をかける必要はないのですが、子どもがちらりとママを見た瞬間にタイミングよく声かけしてあげることが大切です。

ママが見守ってくれているという安心感が大事

子どもが一人遊びを始めるには、ママとの信頼関係が必要だといいます。

ママとたくさんスキンシップをとって遊んでいるうちに、子どもは「ママは必ず自分のところにいてくれるんだ」という安心感を持つようになります。

たとえトイレや家事などで、その場からいなくなったとしても、必ず戻ってくると信じることができるんですね。こういった安心感が一人遊びの土台となるそうです

ママが見守ってくれているから集中できる

一人遊びをしているときって、子どもはかなり集中しているはずです。一人でも楽しそうに遊んで、もくもくと何かを考えている様子が見られたり。

集中して自分の世界にこもっている状態って、実はとっても危険なことですよね。自然界だったら敵にやられてしまっているかもしれません。

そんな集中した状態でいられるのは、ママが見守っていてくれているからなんです。

一人遊びは集中力を育てる時間でもあります。

集中している最中にママが手を出したり、声をかけたりすると集中が途切れてしまうことも。子どもが安心して集中できるよう、ママは見守ってあげたいですね。

遊び方がわからなくて困っても教えてもらえる

一人遊びが始まるころは、いろいろなものに興味が出てくるころ。目の前にあるすべてのものがおもちゃになります。

ティッシュを引っ張って出してしまったり、ママのメガネをひっつかんで振り回してみたり。自分で試行錯誤しながら遊んで、想像力がどんどん豊かになっていきます。

でも、初めて見るおもちゃだと遊び方がわからないことも。うまく自分の中にある遊びの経験と結びつけることができないと、遊び方がわからなくて困ってしまうのです。

不安そうにママを振り返ることがあるのはこのため。「こうやって遊んでみたらどうかなー」と声がけしてあげると、次からは自分で遊べるようになりますね。

ママの笑顔で「できた!」を実感できる

子どもは一人遊びをしながら、“自分ができること”を探しています。

「できた!」という達成感は、次へ次へと子どもを成長させる力になります。でも、子どもは一人ではその達成感を味わうことができません。

子どもをじっくり観察していると、何かできるようになったとき、きょとんっとしていませんか? 不安そうにママを見上げませんか?

周りにいる人が「できたね!!」と笑顔を見せることで、「できる=うれしいこと」と認識していきます。

それを積み重ねていくうちに、できたら拍手をしたり、ドヤ顔をしたりという反応が出てくるようになるのです。

子どもの「できた!」を見逃さず、すかさず声をかけることはママの大切な役目なんですね。

“すかさず”ってのは難しいですが、とっても大切なこと。

うちの子どもは見ていなかったら「なんで見てないのよ!! 見てよ!!」って怒り出すタイプなので、わかりやすくていいのですが、問題はそうではない子。

ママが見ていないと「なんだ、見てない」と一人遊びに戻ってしまう子もいるんです。

親からすると手がかかならなくていい子なんですが、ママに見てもらっていなかったという寂しさは子どもの心にたまっていきます。いつかドッカーン爆発してしまうかも。

走って走って走って辿り着いた先で、ママが待っていなかった。振り向いてもママがいなかった。とんでもなく寂しいことですよね。

「ママは待ってるよ」「君のことを見てるよ」伝えてあげましょう。「できた!!」のキラキラ笑顔を一番に見られるのは、じっと子どもを観察していたママの特権ですよ。

子供の一人遊びはママとのつながりの確認をする時間

遊んでいるからいいかと思って、そろそろと立ち上げると、その瞬間に振り返る。泣きながら後を追ってくる。

一人で遊んでいるように見えて、子どもは確実にママとのつながりを感じています。

一人で遊んでいるから放っておいていいわけではなくて、一人でがんばっている姿を見ていて欲しいんです。

でも、実際はなかなか難しい。一人で遊んでくれている間は家事をするチャンスだし、ママだって少し休みたいし、一人で遊んでいる子どもを見ているのも飽きちゃうんですよね。

ただ、「子どもは一人遊びをしているときにこういう気持ちなんだ」って知っているだけでも気が楽だと思います。

「なんで一人で遊んでてくれないのよ!!」ってムキーってならず、「ああ、そうだね、見ててほしかったよねー。でも、ちょっとママも洗濯物だけ干してきていいかなー?」って聞く余裕ができます。

子どもが一人遊びを始めたら、自分の時間を大事にしつつ、子どもとのつながりを感じてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。