妊娠・出産

妊娠中は食べちゃだめ! 私が出産したらすぐさま食べたかったもの3つ

親子の会話

つわりがひどかった私は妊娠中はあまり食べることができませんでした。ただでさえ食べられるものが限られているのに、妊娠中は食べてはいけないものもたくさんあります。

出産したら絶対に食べてやるんだ!! って決めていたものが3つありました。

生ハム

ing111023_10
リステリア食中毒の危険性があります。

リステリアは非常に強い菌で、免疫力の落ちている妊婦は健康な大人に比べ約20倍もリステリア食中毒にかかりやすいのです。症状はインフルエンザに似ていると言われ、高熱、頭痛、おう吐など。重症化すると致死率が20~30%とかなり高いです。

感染した場合は抗生物質で治療をします。妊婦でも大丈夫なペニシリン系の抗生剤が使えますが、私はペニシリンアレルギーがあるので特に注意をしていました。

おそろしいことにリステリア菌は胎盤を通じておなかの中の赤ちゃんにも感染し、流産や早産の原因となります。

リステリア菌は非加熱の食品に存在します。
生ハムの他にはナチュラルチーズやスモークサーモン、パテなど。私の大好物ばかりです。加熱されたチーズであれば問題ないので、ピザやグラタンに入っているチーズやプロセスチーズは大丈夫。日本のナチュラルチーズは加熱処理が義務付けられているそうですが、心配であれば避けましょう。チーズケーキ、ティラミスなども輸入チーズで作られている場合は注意が必要です。

生ハムはそんなに頻繁にたべるものではないですが、外食に行った時のサラダに乗っていることが多く、「せっかく外食に来たのに食べられない……」とさみしい思いをしました。チーズケーキも念のため避けていたのでつらかったです。

レアステーキ

bsFCFOU_stake
トキソプラズマに感染する恐れがあります。

妊婦が初めて感染すると、おなかの中の赤ちゃんに感染する可能性があります。ママにはあまり自覚症状が現れないのですが、赤ちゃんへ感染する確率は約50%と非常に高いです(妊娠初期は25%、妊娠末期では60~70%と週数があがるにつれて確率も高まります)。赤ちゃんが感染すると、流産や早産の原因となったり、水頭症になったり、脳や目に障害が生じたりする恐れがあります。

妊娠前に感染して抗体ができていれば問題ないのですが、私は抗体がありませんでした。日本では約5%の妊婦は抗体を持っているそうです。

トキソプラズマは生ハムやローストビーフも含め、生肉に存在します。加熱すると死んでしまうので、しっかりと火を通せば大丈夫。でも、よく焼いたお肉もおいしいですが、たまにはレアやミディアムステーキも食べたかったです……。

猫のふんにも含まれていることがあるので注意が必要です。ただ、猫が初めてトキソプラズマに感染して2週間以内のふんに含まれるので、キャットフードで飼っていた猫にいきなり生肉を与えるなどしなければ心配ありません。
野良猫はどこかで感染しているかもしれないので気をつけた方がいいですね。庭仕事をするときにも猫のふんがあるかもしれないので、手袋やマスクをして作業後はしっかり手を洗いましょう。

生卵ごはん

-shared-img-thumb-gohan151214258719_TP_V
サルモネラ菌による食中毒が怖いです。

食中毒で激しい下痢やおう吐をすると子宮が収縮されて流産や早産になる可能性があります。私はおなかが張りやすく早産傾向にあったので下痢には注意していました。

日本の生卵にはサルモネラ菌の危険はあまりないと言われていますが、妊娠中は免疫力が落ちているのでもしかしたらということもあり、心配だったので食べないようにしました。

出産予定日がお正月だったので、毎年大晦日に食べているすきやきで生卵を使えないと思うと悲しかったです。結局、少し早く生まれてきてくれたのですきやきは生卵で食べられましたが。

[番外]カレー

ee5796873835545ad899f847fa47f1fb_s
禁止はされていませんが、つわりの最中に食べられなくなる人が多いです。カレーが食べられるようになって、つわりが終わったことを知る人もいるとか。

もともとカレーが大好きな私。食べたくて食べたくてしかたがありませんでした。でも食べると気持ちが悪くなるんです……。「何食べてもどうせ気持ち悪いんだからもう好きなもの食べちゃえ!!」って食べたこともありますが、たいてい後悔してました。気持ちよくカレーが食べたかったです。

まとめ

以上のものは、食べてしまったからと言って必ず菌に感染するわけではありません。知らずに食べてしまっていたけれど大丈夫だったというママもいます。でも、もし赤ちゃんに万が一のことがあった時、「あの時、食べていなければ……」と後悔はしたくありませんよね。

大好きなものが食べられないのはとてもつらいですが、赤ちゃんがいる間だけのこと。ママが食事に気をつけることで、おなかの赤ちゃんを守ることができます。

私は出産後の楽しみが増えると思って「出産後食べたいものリスト」を作ってたまに眺めていました。出産後、順番に食べていってはリストを消していくのは楽しかったですよ。

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。