子育て

よく笑う子に育てるために私がやっているたった3つのこと。

うちの子はよく笑います。

2歳の娘は小さい頃から笑った写真が本当にいっぱい残っています。0歳の息子も常にニコニコ。目が合えば知らない人でも笑います。

どうしてこんなによく笑うんだろう? とよく思うのですが、とくに特別なことはしていません。

それでも「これがよかったのかな?」と思えるポイントはあります。

今回は一般的に言われる赤ちゃんがよく笑うようになる理由を踏まえながら、わが家が実践したよく笑う子になるための育て方をご紹介します。

赤ちゃんはいつから笑うの?

そもそも赤ちゃんはいつから笑うのでしょう。

まだママのおなかの中にいる頃、にやりと笑う赤ちゃんが超音波で見えることがあります。新生児の頃、うとうとした赤ちゃんがにや~っと笑うことがあります。

胎児や新生児の笑いは新生児微笑という本能的なもので、ママからの愛情を受けるためのものだと言われています。

早い子は2か月頃、一般的には3か月頃からあやすと笑うようになってきます。

社会的微笑と呼ばれ、視力の発達とともにまわりの表情を観察してまねし始めるものです。

これが本格的な「笑顔」のスタートです。

赤ちゃんがよく笑う理由

一般的によく言われている理由を調べて、うちの場合と比べてみました。

たくさん触れ合う

なにはなくともスキンシップは大事ですね。

娘は一人目だったのでスキンシップ過多ってくらいスキンシップをしていました。

けれど、息子は基本的には放置です。上の子にかまっていると下の子は放置です……ごめんね。パパは女の子の方がかわいいので、息子はほぼ放置です。

でもその分、触れ合うときには全力かも。体中をツンツンしてみたり、ぱたぱた叩いてみたり、ぎゅーって抱きしめてみたり。

おすすめは「ぞうきんのうた」。むすめもむすめも反応がいいのでよくやっています。

たくさん話しかける

ママの言葉で安心して、うれしくなって笑うようです。

……うちは話しかけてはいないですね。たまに外でおむつ替えしている時にめっちゃ話しかけているママを見ます。

「おむつ替えようね~。わー、いっぱい出たね。おむつ替えると気持ちいいね~。さぁできたよ!」

育児書のお手本になりそうな完璧な声がけ。尊敬します。

私はしていません。しようと心がけてはいるものの、気がついたら無言でおむつ替え終了です。申し訳ない……。

絵本の読み聞かせも、娘はたくさんしてあげましたが、息子はさほどしていないうちから笑っていたので関係なさそうですね。

ママがよく歌う

話しかけないんだったら歌おう。楽しげですね。

私は……歌わないですね。とくに娘の頃は童謡をあまり覚えていなくて全然歌えませんでした。

ママがいつも笑っている

これが一番よく言われることです。

赤ちゃんはいろいろなことをまねして覚えていくものだから、ママが笑顔でいることで笑顔をまねして笑顔になると。

そのせいか、めちゃくちゃ一生懸命、笑顔でいようとしているママがいます。いつでも笑顔でいなくちゃいけないって呪縛にかかっているかのように。

でもこれって、いつもじゃなくても大丈夫です。

ママだけががんばらなくてもいいんです。

むしろ喜怒哀楽の感情をしっかり見せてあげたほうが、子どもはいろいろな感情を知ることができます。

番外:自閉症など発達障害の可能性がある?

調べてびっくりしたのが、自閉症の子にはよく笑う子がいるというもの。

自閉症の子は感情のコントロールが苦手ですので、笑いすぎてしまうことがあるそうなんですね。

ただ、自閉症の判断基準はかなり複雑。

いくつかの項目が当てはまったからといって、かならずしも発達障害であるとは限らないんですね。

とくにグレーゾーンの場合、専門家によって意見が食い違ってしまうことも。

必要以上に気にすることなく、笑顔を楽しんであげましょう。

葉桜流よく笑う子どもの育て方3つ

なかなか一般的に言われている育て方はしていないかもしれない私ですが、よく笑う子に育ったポイントが3つあります。

目があったら喜ぶ。笑ったら喜ぶ。

私はいつも笑っているわけではありません。どちらかというとあまり笑わないのではないかと。

喜怒哀楽は激しい方なので、表情はころころかわるかもしれません。

ただ、子どもの視点からしたら、よく笑っているのかな。

目があったらとにかく笑っちゃうんです。笑うというか、にやけてしまうというか。

かわいくてかわいくて、「あ~、も~、かわいいな~!!」って頬ずりしたくなっちゃうんです。飽きもせず毎日、いつでも。外でも。

そうやっていると子どもも喜んでくれているか笑います。それを見ると、もっとうれしくなって、

「いーやー、かわいい!!! うちの子最高!!」

って叫んで大喜びしちゃうんです。飽きもせず毎日、いつでも。

こうなるとループです。

目が合って笑う→子ども笑う→かわいくてデレデレ笑う→子どもキャッキャッ笑う→大喜びで小躍りしながら笑う……はたから見ると親ばかであほらしいと思うんですが、こんな幸せループにはまってみませんか。

色々な人に会わせてあげる

ママがあまり笑わない、話しかけない、歌わないんだったら、ほかの人の力を借りるのもありです。

児童館や子育て支援センターへ行くと、スタッフやまわりのママが笑顔で接してくれます。うたを歌ったり、踊ったりする時間もあります。

笑顔の人がたくさんいる環境に置いてあげることで自然に笑顔も身に付いていくことでしょう。

ママも赤ちゃんと二人きりの生活でたまったストレスを発散できるし、どうやって遊んだらいいのか勉強にもなります。

近所のスーパーだって赤ちゃんにとってはかなりの刺激になります。

レジに並んでいる時、うしろのおばあちゃんにあやしてもらうこともあるでしょう。赤ちゃんがいるだけで自然と笑顔になる人はいるはずです。

外出すること、人と会うこと、ママ友が増えることが逆に負担になってしまうこともあるかもしれません。

子連れに対して心ない言葉をかける人もいます。そういう時は無理に出かけることはありません。

できる範囲で、ママのストレスにならないようにすることが大切です。

笑う瞬間を増やしてあげる

「この子はこうしたら笑うんだ」

そう気づいたなら、笑える時間を増やしてあげましょう。

赤ちゃんは表情が先にあって、意味は後付けです。

ママのおなかの中にいたころから、笑顔を作ることはできるけれど、どういう時に笑えばいいのかは知りません。

笑顔はこういう時にするもんだっていうのを生活していくうちに覚えていきます。

学びには反復が必要。笑顔なんて練習するもんでもないと思いがちですが、そうでもないです。

笑顔練習

「笑顔 練習」って検索すると、8,660,000件も引っかかるんです。笑顔に悩んでいる人がたくさんいることがわかりますね。

赤ちゃんだって同じ。ママやパパと一緒に笑顔の練習をするんです。

赤ちゃんが笑うタイミングを見て、一緒に笑ってあげる。

同じような状況を作って、もう一度笑わせてあげる。

そういうことを繰り返していくうちに笑うための筋肉が鍛えられ、笑うというのがどういうことなのかわかってきます。

あなたがいてくれて幸せだと全力で伝えよう

s_5119e534e2e8d020407778af52e60957_s

「うちの子、なかなか笑わないけれど大丈夫かな」

「どうしたらもっとニコニコ笑ってくれるのかな」

「笑わないのは何か問題があるんじゃないか」

心配になってしまうこともあるでしょう。

私も娘に比べて息子の方が笑い始めるのが遅かったので、「息子が笑わない。どうしよう」と心配になりました。いまではめちゃくちゃよく笑います。たまに一人で天井見上げて笑っていて逆に心配です。

笑うことは自分もまわりも幸せにします。よく笑う人の方が健康だという研究結果もあるし、出世しやすいなんて言われたりもします。

しかも笑ってリラックスることで血流がよくなり、脳が活性化。記憶力や集中力がアップするそうです。

いつも笑っていて愛嬌がある子っていいですよね。

笑顔っていろいろなメリットがあります。

わが子にはそういう子になってほしい。そう思うのも当然です。

でも、成長は人それぞれ。笑い始める時期も、よく笑う笑わないも人それぞれ。

いつまでも心配して困った顔をしていると赤ちゃんにもそれが伝わって、よけいに笑顔が消えてしまうかも。

たしかにいつも笑っている赤ちゃんはかわいいです。でも、笑っていなくたって自分の子ってかわいいですよね。

「うちの子かわいい!!!」

その瞬間を見逃さず、全力で喜んであげること。ママの笑顔が赤ちゃんの成長には必要です。

ママが自分を見て幸せを感じてくれている。それを実感させてあげることが赤ちゃんを笑顔にする一番の方法です。

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。