予防・健診

3歳児検診や保育園での尿検査。オムツが取れていない子のおしっこ採取方法。

子どもの尿検査。それは朝のバタバタした時間帯にかなり大変なミッションです。

トイレトレーニングが済んでいれば、おしっこしているところに紙コップを挿し込むだけ。それでもとっても大変です。

おむつが取れていない場合はどうやって取ったらいいのでしょうか。

3歳児検診や保育園の尿検査だと、おむつが取れていない子もけっこういますよね。

この記事ではおむつの子でもできる尿の取り方をご紹介します。

オムツが取れていない子の尿検査の方法

おむつにラップとガーゼを装着する

ラップを敷いた上にガーゼを置いて、ガーゼにおしっこを吸収させる方法です。

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#FDBCB8″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]用意するもの[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#FDBCB8″ bordercolor=”” bgcolor=”#FFF5F3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

  • おむつ
  • ラップ
  • ガーゼ(脱脂綿やキッチンペーパーでも可)
  • セロテープ、両面テープ

[/st-mybox]

まずはラップをおむつに貼り付けていきます。

ふみ
ふみ
おしっこは男の子も女の子も前の方で吸収するので、ラップとガーゼは前よりにつけます!

肌に触れない表の部分はセロテープで。

内側は両面テープのほうが肌にやさしい気がします。どのみちラップは当たっちゃうんですけどね。

ラップの上にガーゼやいらなくなったガーゼタオルを一枚置きます

  

ガーゼがおむつからはみ出ないようにしつつ、ラップが肌に触れる部分をなるべく減らすように。

ずれそうだと思ったらガーゼも両面テープで止めます。

よっぽど漏れないと思いますが、心配なら上からもう一枚おむつを履かせてあげてください。

翌日の朝は、ガーゼに含まれたおしっこを絞って採取します。

絞る前後はママもしっかり手を洗って清潔にしておいてくださいね。

ポケットティッシュをそのまま置く

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#FDBCB8″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]用意するもの[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#FDBCB8″ bordercolor=”” bgcolor=”#FFF5F3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

  • 未開封のポケットティッシュ

[/st-mybox]

中身を3~4枚に減らしたポケットティッシュの封を開け、そのままおむつに乗せます

ティッシュのビニールカバーがラップの代わりになってくれます。

ポケットティッシュの衛生面がちょっと気になるところではありますね。

間違っても路上でもらったポケットティッシュは使えません……。

未開封のポケットティッシュを使うというのも徹底してください。

採尿パックを使ってみる

お股に貼り付けて採尿することができる『採尿パック』というものもあります。

created by Rinker
小児用採尿セット
¥1,500
(2019/05/20 06:59:24時点 Amazon調べ-詳細)

自治体によっては配っているところもあるみたいなので、聞いてみるといいでしょう。

買うとなるとちょっとお高めで、1枚から買うことはできません。

尿検査にしか使わないのに12枚とか入ってます……。

同じように尿検査が不安な友だちと一緒に買うといいかもしれませんね。

ただ、意外と使い方が難しいです。

女の子は貼る位置がむずかしい

男の子は穴のところにおちんちんを入れてしまえばそのままおしっこが入っていくそうです。

女の子はしっかりとおしっこが出る部分と穴を合わせて貼り付けてあげないといけないのですが……どこに装着すればいいのか迷います。

しかも動き回ってしまうとずれちゃうんですよね。

寝てしまってからそ~っと貼ってあげた方が貼りやすいと思います。

汗やおしっこの湿り気ではがれやすい

寝る前に粘着テープで貼り付けておくのですが、汗やおしっこの湿り気ではがれやすいんです。

はがれてしまうとおしっこが漏れて、おむつにそのまま吸収されてしまいます。

私の娘は持病の定期検診で何度かこの採尿パックを使っていまして、本当によくはがれます。

せっかくおしっこしたのに、全部漏れてた……なんてことも。

上記の「ラップ+ガーゼ」と併用してみるといいですよ。

敏感な子はなかなかおしっこが出ない

3歳を過ぎたくらいの子だと採尿パックをしているとムズムズして、なかなかおしっこが出ないという子もいます。

その分、長時間つけておくことになるので、ますますはがれやすくなります。

実はうちの娘がこのパターンで、採尿パックをしてたら全然おしっこをしてくれませんでした。

もうガブガブお水を飲ませて、ようやくって感じです。

採尿パックをつけててもおしっこしてくれるかどうか練習を何度かしておいた方がいいですよ。

ダメ元でトイレに座らせてみる

補助便座などをもう用意している場合は、ダメ元でトイレに座らせてみましょう。

朝1番はおしっこが出やすいので、もしかしたら紙コップを持って待っていたらおしっこをしてくれるかもしれません。

もしそれで成功したら、貴重なトイレトレーニングの成功体験です! その後のトイトレも順調に進むかもしれません。

実はうちの娘も3歳児健診の尿検査はトイレで取れました。

おむつが外れるのはそこから時間がかかりましたが、トイレでおしっこできたという体験は親子ともにその後のトイトレの支えになりましたよ。

3歳検診の尿検査は4歳までに取れればOK!

自治体にもよりますが、3歳検診の尿検査は当日持ってこられなくても大丈夫です。

「取れたときに持ってきてください」と言ってもらえることがほとんどです。

4歳までに持っていければOKです。

ふみ
ふみ
早生まれなら入園後すぐに尿検査がありますので、最悪スルーしてしまう子もいますね……

幼稚園や保育園の尿検査も失敗したら再検査がある!

幼稚園や保育園の尿検査は再検査の日にちが決まっていることも多く、いつでもOKというわけにはいかないので大変です。

でも、何度かトライしているうちにタイミングが合う日がやってきます。

おむつ+ガーゼの方法も毎回失敗してしまうということはないと思います。

再検査の日まで練習をして、どういった感じでやると成功しそうなのか、お子さんのペースをつかんでみましょう。

尿検査では何を調べているの?

もうめちゃくちゃ苦労する尿検査。

やる意味があるのかって思ってしまいます。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#FDBCB8″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]尿検査で調べること[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#FDBCB8″ bgcolor=”#FFF5F3″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

  • 尿中たんぱく
  • 潜血

[/st-cmemo]

これらを調べて、腎臓病や糖尿病の有無を確認します。

何か病気が潜んでいたら早めに治療することが大切になってきます。

いろいろな方法を試して練習してみよう

どの方法をするにしても大事なことがあります。

当日なんとかしようとしないこと。かならず練習をしてみてください。

自分の子どもがどの方法なら成功するのか、事前にきちんと確認した方がいいです。

当日になって失敗してしまうとかなり焦ります。再検査も結構面倒。

練習していても肝心の本番で失敗する子もいますが、ぶっつけ本番よりは成功の確率はあがります。

ふみ
ふみ
一週間くらい前からいろいろな方法で試してみてくださいね

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。