子どもとお出かけ

ラグーナ蒲郡に行ってきた。大人はお魚市場、子どもはラグナシアを楽しめる!

ラグーナテンボス

愛知県蒲郡市にあるテーマパーク、ラグーナ蒲郡に行ってきました。

私が住んでいる静岡西部から近いがゆえに、逆に行ったことがなかったラグーナ蒲郡ですが、行ってみると楽しい施設がたくさんありました。

ラグーナ蒲郡(ラグーナテンボス)とは

2014年8月まで「ラグーナ蒲郡」という名称だったため、まだ違和感がありますが正式名称は「ラグーナテンボス」。

ハウステンボスを子会社化したHISが経営を引き継ぎ、ハウステンボスと姉妹施設のような形になったため、ラグーナ”テンボス”という名前になりました。

いくつかエリアがあるのですが、有名なのはテーマパークの「ラグナシア」とショッピングモールの「フェスティバルマーケット」です。

ラグナシアとフェスティバルマーケットは通路でつながっていて、自由に行き来することができます。

ラグナシア内でご飯を食べてもいいのですが、途中退園してフェスティバルマーケットでご飯を食べる人も多いです。

子どもが大興奮なラグナシア

子どもはやっぱりテーマパークに夢中!

子ども向けにトレンドのキャラクターが登場するのもポイントが高いです。

2017年3月現在は『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』にちなんで「KACHI KOCHIアドベンチャー in ラグナシア」を開催中。

 

ドラえもんのショーを見たり、ドラえもんと記念撮影をしたり、アトラクションを楽しめたりします。限定グッズも変えますよ。

子どもに人気と言えば、ワンピースの「サウザンド・サニー号」も一日に4~6回ほど実際に海へと出航しています。ラグナシアではなく、隣のフェスティバルマーケットで乗ることができますよ。

気をつけないといけないのは、アトラクションが3歳以上から有料であること。

パスポートを購入すればアトラクション乗り放題になりますが、3歳以上小学生未満は入園券700円に対し、パスポートは2,250円。うちはあまり乗り物に乗らなかったので、パスポートは買いませんでした。

アトラクションはキッズ向けが200円からありますので、差額1,550円を使い切れるか事前に予習していった方がいいと思います。

大人はお魚市場で舌鼓

大人でも楽しめるラグナシアですが、大人はそれよりお魚市場で酒のつまみを物色するのが楽しいです。新鮮なお魚を帰りに買っていくのがおすすめ。

刺し身や干物はもちろん、佃煮や塩辛、海鮮丼にうな丼までバラエティに富んだラインナップで、どれを買おうか迷ってしまいます。クーラーボックスを車に積んで行きたいですね。

イートインスペースで旬のお魚を食べることもできます。

行くなら断然冬以外!

ラグーナ蒲郡が一番輝く季節はなんといっても夏!

冬のラグーナはひたすら寒かったです。海ですからね……さえぎるものもないので風がビュンビュン吹いていました。寒くてとてもじゃないけれど、一日いようとは思えませんでした。

しかも冬で閑散期だからか改修作業をしているところが多く、通行止めだらけでベビーカーが通れませんでした。大きく迂回しないといけなかったり、ベビーカーを持ち上げて階段を昇り降りしなければならなかったり。

行くなら絶対に冬以外、できれば夏をおすすめします。

今回は冬だったということで半日しかいなかったので、夏に行くことがあったらまたレポートしたいと思います。うちの親と別の季節にリベンジしたいとは言っていたので。

ラグーナテンボス

住所:愛知県蒲郡市海陽町2-3

電話番号:0533-58-2700(受付時間:9:00~17:30)

営業時間:施設、季節により異なる(http://www.lagunatenbosch.co.jp/laguna/price/index.html

入園券:大人(中学生以上)2,150円、小学生1,200円、幼児(3歳以上)700円

パスポート:大人4,100円、小学生3,000円、幼児2,250円

ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。