子ども服

肌着のサイズアップのタイミングは? ムダ買いしないためのコツ。

5か月になるむすこ。そろそろコンビ肌着は卒業です。

ボディ肌着を用意している最中なのですが、どのサイズにしようかな。

70cmだと着られる時期が限られている気がするし、80cmじゃまだガボガボしてしまいそう。

肌着のサイズってどのくらいが目安なんでしょうか。

肌着の替え時の目安

60cm→70cmはコンビ肌着卒業とともに

ちなみに50cm→60cmですが、そもそも50cmはあまり着る期間がないので、買わなくてもいいと思います。買うなら50cm~60cmというサイズがあるので、それを選んだ方がいいですよ。

60cm→70cmのサイズアップのタイミングは、4~5か月頃70cmの肌着がボディ肌着デビューってくらいがちょうどいいと思います。まだねんねの時期なので前開きのボディ肌着がおすすめ。

70cm→80cmは前開きからの卒業

サイズアップは8か月頃。この頃には腰がすわってハイハイも始める頃なので、前開きよりはかぶるタイプの肌着が便利。

赤ちゃんの体型にもよりけりですが、80cmの肌着は比較的長く使えます。うちのむすめは0歳から使い始めて、2歳のいまでも80cmを着ています。

ボディ肌着かTシャツタイプかは月齢によりけり。

うちのむすめはお腹が冷えてしまうといけないので、冬場と夜は2歳のいまでもボディ肌着を着せています。夏場はTシャツタイプ。

80cm→90cmはTシャツタイプの肌着へ

80cmと同じく90cmも長く使うことのできる肌着。

シーズンオフの安くなった時に先にまとめて買っておいてもいいタイプです。80cmのTシャツタイプでお腹が見えるようになったら替え時。

95cmというサイズもあるので、そちらにしておいてもいいかも。

サイズアップのタイミング

コンビ肌着、ボディ肌着

体が大きくなってくると股下のスナップが留めづらくなってきます。動くとパンっとはじけるように取れてしまうことも。

動き回った時に生地が突っ張った感じがないかどうかもチェック。とくに寝返りを打った時に脇や腰のところが窮屈に見えないかどうかがポイント。

コンビ肌着の場合はひもが結びにくくなったり、取れやすくなってきたりするのもサイズアップの目安になります。

Tシャツタイプ

わかりやすいのはお腹が見えてしまうこと。

あとは明らかに着替えさせにくくなってきます。頭や腕を通す時に、なんかきつくなってくるんですよね。腕を抜く時「い、痛くない? 大丈夫!?」って聞きたくなる感じです。

コンビ肌着やボディ肌着と同じように、生地が突っ張ってきた時も替え時。手を挙げた時の脇や肩の部分を見てあげましょう。

ムダ買いしないためのコツ

肌着はたくさんあっても無駄にはならない、毎日使うものだから!

そう思って大量に買い込みたくなりますが、そんなにいりません。

だいたい2~3枚セットで売っているので、まずはそれを1つ買っておけばOK。足りなくなったと思ったら、その時買えば十分です。

昼間用と夜寝る時用の2枚で十分。洗濯してもすぐに乾くので、気がついたら同じ肌着をずっとローテーションってことになります。

吐き戻しが多かったり、汗っかきの赤ちゃんだと、肌着を着替えることもあると思いますので、赤ちゃんによって、季節によって肌着の枚数は変わってきます。様子を見て買い足してあげてくださいね。

月齢が低いほどサイズアップに注意!

母子手帳などの成長曲線を見てもわかるとおり、低月齢の頃に急成長して、だんだん成長はゆるやかになっていきます。

肌着に迷っている子育て初心者の時期はすぐにサイズアップしてしまって、ママも困ってしまうんですよね。

最初のうちはお下がりをもらって様子を見たり、少しだけ買って買い足すようにしましょう。

商品やメーカーによって同じサイズでも大きさが違うことがあるので、最初に気に入ったメーカーを決めて買い続けるようにした方が失敗が少ないと思います。

肌着の種類に関してくわしい記事はこちら↓

新生児肌着肌着、ボディ肌着、ロンパース、赤ちゃんのインナーはいったいどれを着せればいいの?

赤ちゃんのために最初にそろえたいのが肌着。
お店に行くといろいろな種類が売っていて何が何やら区別がつきません。「新生児肌着○点セ…

肌着はユニクロがおすすめ!↓

ユニクロベビー肌着夏はユニクロのベビー肌着がおすすめ! エアリズムは肌弱ベビーにはむずかしい。

暑くなってくると、赤ちゃんの汗対策が必要になってきますね。
こまめに汗をふく、着替えさせる、シャワーを浴びるなど、いろいろと対…
ABOUT ME
葉桜 ふみ
5歳娘、3歳息子のママ。静岡県の西のほうに住んでます。 元塾講師(小中学生中心 / 全教科担当 / 9年) 自分の体験をもとにした妊娠・出産・子育て情報を発信しています。